2017年12月7日木曜日

ヒメボタル観察会に行ってきました



水もない、乾燥した河原にホタル(幼虫)がいるのでしょうか?

12月2日にヒメボタル観察会の様子を紹介します。



まずはこの日の流れを説明してもらいます。

その前にヒメボタルについて、

 

頂いた資料で割愛っ

フィールドは園田競馬場のすぐ隣を流れる猪名川の河川敷。

ここに予め罠をしかけてもらっています。

なんとその数150個、その回収のお手伝いをさせてもらいました。 





 

このような感じで埋まっています。 

ビニール紐が目印です。

仕掛けはいたって単純、

フィルムケースに小さな穴を開けて、彼らの餌であるカワニナ(冷凍)を入れておきます。



次々と集めていきます。






  




こうして回収した150個の罠をみなさんで確認していきます。

何匹いるかな? 

そもそもいるのかな?



ところどころで 「いた!」の声。 

合計7匹。

150個もの罠のうち7匹もいた or 7匹しかいなかった。

捉え方は人それぞれですよね(笑)
 










このダンゴムシみたいな虫、これがホタルの幼虫です。

本当にいた! この町のど真ん中に!

ヒメボタルは冬にも活動を続ける個体もいるそうです。 

てっきり冬眠でもしているのかぁって思ってました。


おまけ



ここに鳥が写っています。

わかりますか?

投稿者 水谷

2017年12月3日日曜日

川はゴミ箱じゃない!









11月26日、今回の活動場所である軍行橋の下流へと自転車を走らせているときに見つけたゴミ山。

ペットボトルの量が気になります...

 本題はアレチウリがどれくらい残っているか、調査を兼ねての駆除活動です。

 

キュウリの苗みたいです。

ここ最近で種から発芽したものと思われます。

全体的には目立たず、ちらちら見かける程度でした。

と、捜索中に…

 

でんっ

これまた大きなタイヤ。

埋まっていたので引き抜きました(ヘトヘト) 。

次見やすくしてほいたほうが、回収できる時には役に立ちます。



「え?!」

菊の仲間かな?

しっかり根を張って花を咲かせていました。

これ、絶対猪名川の植物ではないですよね(笑) 


ところでこのあたり一面にはクズが繁茂しています。

クズは在来種ですが、ちょっと勢力が強すぎる...

抜けたら抜きたいのですが根っこがどこにあるかわかりにくい。

今回は2人でツルをたどり、大元を突き止めました。

 

でかい。

こんなに大きくなるとは。

 

手と比べるとこんな感じ。

この地下に芋がなっているらしいのですが、採るのは...重労働になりそう(笑)

その芋からできるのが「葛餅(くずもち)」、作って食べてみたいなぁ


以上 、軍行橋下流からでしたっ

投稿者 水谷



 


生き物たちも寒そう...


どこから撮っているでしょう?










正解は木の上です。

この日は暖かく、ついつい木に登りたくなってしまいました(笑) 

 

けど案外高いな...

降りるは慎重にっ 


11月21日(火)、東久代運動公園での活動記録です。

 

例年活動しているこの辺り、メハジキの保護を行っています。

今は枯れて種の状態ですが結構な本数が生えていたようです。写真撮り忘れたーーー 

アレチウリはここでは見られず。

しかしアメリカセンダングサがぼーぼー、外来種なので引き抜きます。

 

ひっつき虫として見覚えがあるんじゃないですか?

これですこれこれ、ひたすら抜き続けました(汗) 


~今回見つけたものをご紹介~





○○(動物名)が座れるキノコ、お名前サルノコシカケです。

近くの切り株に生えていました。 

では次っ

 

カナヘビです。

つまむように持ってしまうと尻尾を自分で切ってしまう(自切)かもしれないので、

優しく包むようにして捕まえます。













落ち着いた?

写真撮るから動かないでね!



 
















周知の通り爬虫類は変温動物なので、気温が低いと動きが鈍ってしまいます。

この子も冬眠の支度をしていたのかもしれません。

もう寒いですからね。

生き物たちとたわむれながら引き抜いたアメリカセンダングサはーー、

 

ほんの一部で8袋、感心するほどの繁殖力です。 

以上東久代からでした。

それではまた、

投稿者 水谷

2017年11月27日月曜日

多田神社前にて


11月2日に多田神社の前を流れる猪名川、御代橋(通称:赤橋)下流のほうへ足を運びました。

アレチウリはさほど見つからなかったので、周辺の散策をすることに。
 
  

台風の名残があちらこちらに。

すなわち漂着したゴミも大量だということです...

ということでゴミ拾いをすることに、

 

最中、だれかの足跡を見つけたり、




 だれかの糞を見つけたり。

それにしてもこれ、吐いた?

 

と、カラスウリを発見。

きれいです。




あっという間にこれだけのゴミが集まりました。

さて、今度はこれを市に収集してもらえる場所まで運ばなければならない。

だけど何度も往復するのはいやだなぁ

 

ということで竹を利用して一気に運びました(笑)

投稿者 水谷
 

2017年11月14日火曜日

猪名川工事情報





学校の帰りに工事の様子をのぞいてみました

話に聞いていた通りガッツリ



 



 

工事内容はこちら 、どうやら右岸を整備するようです。

こんにゃく橋を中心に川上・川下が殺風景に...









↑ 川上

 

↑ 川下

知らない川を見ているかのようです。



周りを見渡すと、

橋の上からぼんやり眺めている人がちらほら


変わり果てた河原の姿に驚いていたのでしょうか。


投稿者 水谷

2017年10月16日月曜日

水辺祭りin2017 ~当日編~


昨日の天気が嘘のようです






  










我々は魚とりのために早朝に出発....なんですが実はぜんぜん捕れませんでした


天候はみるみる回復



快晴です!!

着々と会場の準備が進んでいます


 

こちらは 「 魚さわり 」 のプールです、ペシャンコ

ポンプで水を張ります。


ここに今まで集めてきた生き物たちを放します(詳しくは前の投稿へ)。





 ナマズ大迫力満点です!


そしてお隣をゆらゆらアカミミガメが泳ぎます


 


尼崎双星高等学校による吹奏楽で開演となります。






 全景がこちら、プールの左手にあるのがザリガニ釣りコーナー





子どもたちに大人気ですっ

 最近はザリガニに触れる機会が少ないのかなあ


アステで開かれた 「 猪名川体験フェスタ 」 と今回のザリガニ釣りを通して、

皆さんに外来種問題を皆さんに知ってもらうよりも、

まずは生き物に触れてもらうことがから始めなければならないのかなぁと感じたり。


そしてザリガニよりも目を引くのが、目玉のナマズ!


60cmの大きさには大人も子どもも興味津々~

 


なまちゃんことリアルのナマズですが、

 お子さんや親御さんには藻川・猪名川にこんな魚がいるんだ、とか

ご年配の方にはかつての川の姿を思い出す刺激になってくれたらいいなぁ


 

↑ ナマズたちも疲れてしまうので休憩時間を入れています(笑)



 

巨大モクズガニは水槽で展示。

はさみに指が挟まれてピーポーピーポー運ばれてはいけませんので...

水槽の写真撮り忘れましたすんません!
  





なまちゃん登場!

ナマズ帽子を被った担ぎ手が会場を回ります




本物のナマズも紹介してもらいました



このほかに川では、カヌー・葦船・いかだ・救命ボート(ゴムボート)に乗ることができるブースがあります。




雰囲気MAX

 

 こちらも大盛況!

ですが....



川でも渋滞は起きるんです(笑) 


 


みんな川ガキになれたんじゃないですか?


こうして水辺祭りが無事終わりま...ちょっと待った!


 

がら~ん、撤収が終わった河原。

ちょっぴり寂しい 



流域ネットにはまだ最後のお仕事があります。

ここに連れてきたナマズは上流のほうで捕まえたので、もといた場所に返さなければなりません。


水辺祭り撤収後、野尻川へ。


 

 ↑ ナマズの入った発泡スチロールと帰っていくモクズガニ


ナマズたち、水辺祭りご苦労様でした!

みんな欠けることなく、もといた川に返すことができました。


これにて流域ネットにとっての水辺祭りが無事幕を閉じました


また来年がんばるぞいっ!!



投稿者 水谷