2017年10月16日月曜日

水辺祭りin2017 ~当日編~


昨日の天気が嘘のようです






  










我々は魚とりのために早朝に出発....なんですが実はぜんぜん捕れませんでした


天候はみるみる回復



快晴です!!

着々と会場の準備が進んでいます


 

こちらは 「 魚さわり 」 のプールです、ペシャンコ

ポンプで水を張ります。


ここに今まで集めてきた生き物たちを放します(詳しくは前の投稿へ)。





 ナマズ大迫力満点です!


そしてお隣をゆらゆらアカミミガメが泳ぎます


 


尼崎双星高等学校による吹奏楽で開演となります。






 全景がこちら、プールの左手にあるのがザリガニ釣りコーナー





子どもたちに大人気ですっ

 最近はザリガニに触れる機会が少ないのかなあ


アステで開かれた 「 猪名川体験フェスタ 」 と今回のザリガニ釣りを通して、

皆さんに外来種問題を皆さんに知ってもらうよりも、

まずは生き物に触れてもらうことがから始めなければならないのかなぁと感じたり。


そしてザリガニよりも目を引くのが、目玉のナマズ!


60cmの大きさには大人も子どもも興味津々~

 


なまちゃんことリアルのナマズですが、

 お子さんや親御さんには藻川・猪名川にこんな魚がいるんだ、とか

ご年配の方にはかつての川の姿を思い出す刺激になってくれたらいいなぁ


 

↑ ナマズたちも疲れてしまうので休憩時間を入れています(笑)



 

巨大モクズガニは水槽で展示。

はさみに指が挟まれてピーポーピーポー運ばれてはいけませんので...

水槽の写真撮り忘れましたすんません!
  





なまちゃん登場!

ナマズ帽子を被った担ぎ手が会場を回ります




本物のナマズも紹介してもらいました



このほかに川では、カヌー・葦船・いかだ・救命ボート(ゴムボート)に乗ることができるブースがあります。




雰囲気MAX

 

 こちらも大盛況!

ですが....



川でも渋滞は起きるんです(笑) 


 


みんな川ガキになれたんじゃないですか?


こうして水辺祭りが無事終わりま...ちょっと待った!


 

がら~ん、撤収が終わった河原。

ちょっぴり寂しい 



流域ネットにはまだ最後のお仕事があります。

ここに連れてきたナマズは上流のほうで捕まえたので、もといた場所に返さなければなりません。


水辺祭り撤収後、野尻川へ。


 

 ↑ ナマズの入った発泡スチロールと帰っていくモクズガニ


ナマズたち、水辺祭りご苦労様でした!

みんな欠けることなく、もといた川に返すことができました。


これにて流域ネットにとっての水辺祭りが無事幕を閉じました


また来年がんばるぞいっ!!



投稿者 水谷



2017年10月13日金曜日

水辺祭りin2017 ~準備編~


10月8日(日)に水辺祭りが藻川(中園橋)で行われました。


今年のテーマは、「 リターンバック " みんなで、地元で " 」


ステージ出演者は地元の学生さんなどで構成され、

フリマの大部分の人が園田地域の小学生グループであるということ。

そして、猪名川河川事務所さんが救命ボートの運行を始めてくれたことなどなど。

今年はみんなで持ち寄った感、地元で盛り上がる感が、目立っていることに目を向けて、

水辺祭りの特質を再認識する年にしていきましょう、という趣旨で準備が進められました。



「流域ネット 猪名川」 が担当するのは、NPO法人 ぽけっと さんと共に「 魚さわり 」と、外来植物駆除作戦の指導。


それでは、前日の7日の準備からチラッとご紹介します。

 

残念ながら早朝はパラパラと雨。


天気は回復するとのことで作業は進められます。


まず始めは、看板催し物の1つである葦船の運搬の助っ人に。

 
  
立派な葦船です。文字通り「葦(アシ)」から作られた、職人さんが丹精込めて作り上げた船です。


現在、ペルーのチチカカ湖では現役。


今は屋内に置かれているため、屋外に出して会場まで運ばなければなりません。

総勢10人ほどの屈強なる男たちで運び出しました(笑)


植物でも束ねるとすごく重いんです。


この葦船は去年作られたものなので、今年運用するにはメンテが必要不可欠とのこと。


葦船職人さんたちを中心に一日かけて補修されます。


そのときの様子がこちら

 

一度解体して締めなおすようです、これは大変だし力がいる...

 

補修作業を見学しつつ、我々は明日に向けて準備を。


「 魚さわり 」 コーナーで泳がせる魚はここ、藻川で捕まえることになっていますが、

当日の朝だけで用意するには無理があるので本日から前もって集めておこうと。


投網の打ち方を知っている方に教えてもらいー、



はい、超難しいです。

慣れない投網に苦戦しつつも、魚は少しだけ捕まえることができました。 


しかし、フィールドのコンディションは雨で増水そして濁りあり。


決してよいとは言えませんでした。


こうして数時間粘り、アユ・ヌマチチブ・カマツカが数匹づつ集めてからお開き。

思った以上に魚が集まらないという不安を抱えつつ、翌日を待つのみとなりました。


当日本番については次でお知らせします。











2017年10月1日日曜日

魚捕りに行って参りましたっ / 流域の生き物


10月8日(日)に行われる 「 水辺祭り 」、

会場では魚に触れることのできるコーナーや展示があります。


その魚たちを捕まえるのは当日の早朝のみ。


これでは魚を用意しきれないから事前に捕まえておこうというのが今回の目的。 


そして本命の魚はあとから紹介するとして…






メンバーを急遽集めて4人で清和大橋へ。






フィールドは野尻川、川幅が狭いのが特徴です。




本命を仕留めるための作戦は至ってシンプル。

川幅が狭いところを網で封鎖し、本命をここへ追い込む。



と、追い込む前に川底をテクテク歩いてくる生き物が網に


するとまもなくもう1匹が歩いてきたのですかさず捕獲。


それにしてもデカい...


2匹のモクズガニを捕まえました!


それぞれ♂と♀、つがいだったかな?


見てわかる通り、はさみが毛でフサフサ

別名 「 毛蟹 」 と言います。


繁殖には、親が川を下り産卵。

孵化した幼生が成長しながら川を上ってきます。


味はとてもおいしいらしいです

中国で有名な上海ガニことチュウゴクモクズガニと同じ仲間なので、

おいしいかもしれませんね



おっと、本題に戻らなくては(笑)


 

川とにらめっこ。


さっそく本命を発見、運よく浅瀬の岩の下に逃げ込みました。

出口を網で塞ぎ、 手で中を探る。


にゅるっ、飛び出てきた物体が網の中へ!


 


本命の 「 ナマズ 」 です!!

体長55cm、なかなかのサイズです。


特徴としては大きな口に2対の立派なお髭。

夜行性で、口に入るものならなんでも食べてしまう肉食性の魚です。

もちろん在来種。




お次は場所移動して本命ことナマズを捜索することにしました。




と、ここで、

ついつい見つけてしまう 「 アレチウリ 」。

皆でやっつけます


花や実がたくさん




種を1つでも採れたら、

枯れてしまう命を救えるかもしれないし、

新たに芽生える命を育むことにつながるかもしれない。 


自然を守るっていうことは、こういう細かなことの積み重ねです。



そして捜査を続けていると、

水面でぷかぷか浮いている黒い亀を発見。


 


前回のイシガメに引き続き2種類目のカメ、 「 クサガメ 」 です。


外敵から襲われたときに臭腺と呼ばれる器官から臭いを出すことから、

「 臭亀 」 となったという説があります。







この亀も愛くるしい顔をしています。


ペットとして飼っていると臭いを出さなくなるんだとか。




このあとも川を練り歩きましたがナマズは見つからず。




そして残念なことにブラックバスが見られました。


それも軽く10匹以上、これは悲しい・・・


 



 


サクラの花びらのごとく。


名前はサクラタデ、よく見てみると本当にサクラのようです。



河原を歩いていると、

 ふと足を止めてしまうような植物が私たちを出迎えてくれているようです。





 

 ↑ 水槽に入れたナマズ


今回捕まえたナマズたちは1週間後のお祭りまで待機してもらうことになります。


それではまた来週!!


























































2017年9月25日月曜日

アレチウリ駆除&流域の生き物紹介「ニホンイシガメ」


全国で爪痕を残した台風18号が過ぎてからおよそ一週間、

川は穏やかになり、気温も上がらず駆除日和の日曜日。


今回のフィールドは軍行橋下流側の左岸。


いつものようにアレチウリを見つけては引き抜いていく。



お、これは...



アレチウリの実。

栗のごとくイガイガで、予想以上に硬い。

こんな立派な種がポンポン生っている。


これが成熟して種になる前に根本をバッサリ、

少しでも数が減ってくれたらいいなぁと願いつつひたすら作業を続けました。




こうして河原を練り歩いていると、



『  うおおぉぉぉ ❕❕ 』


 来ました来ました、





何カメだかわかりますか?

これがイシガメです。正式には『 ニホンイシガメ





甲羅が黄色くて銭のように見える、別名を銭亀(ゼニガメ)と言います。

こちらの方が聞き覚えのある名前かな❔


日本の固有種で、近年はミシシッピアカミミガメに生活場所を奪われるなどして激減。


この愛らしく、おとなしい性格ということもあり、ペットとしても人気のある種です。
 



猪名川って外来種だらけで固有種いるの?って思いがちでしたか?


猪名川は生き物の宝庫です。


いろんな生き物に出会えます。



冬までもう少し、休みの日に近くの河原を散策してみてはどうでしょうか。








 

2017年9月13日水曜日

外来種を知っていますか?猪名川に入ってきた経緯は?影響は?


 2017年8月28日、「 猪名川環境交流会 体験フェスタ 」 がアステ6階で開かれました。

子どもたちにさまざまな体験をしてもらおうと、

猪名川にいる魚の展示、投網体験、水質調査、

河川敷の木を切った廃材でコースタづくり、笹船づくり等々体験ブースが。


流域ネット 猪名川は、「 外来種を知っていますか? 」 というテーマで、
アメリカザリガニ、ミシシッピアカミミガメを水槽で展示し、

より生き物を身近に感じてもらおうとザリガニ釣りを用意しました。




 「 外来種 」 と言われて、みなさんはどんな生き物を想像するでしょうか。




魚で言うと 「 ブラックバス 」 や 「 ガー 」、

亀なら 「 アカミミガメ 」 や 「 カミツキガメ 」  と言った名前を耳にすることがあると思います。


もっと身近な例でいくと野良猫。

 もともと野生にはいない動物だから外来種と言えます。





今回の展示では、

外来種が増えることによって猪名川の在来種が減っていくのだ、

ということをを 伝えれたらと準備して参りました。


パネルで外来種が日本に入ってきた経緯などを発信


流域ネット猪名川のブース。

開会時から閉会まで子どもたちでにぎわっていました。

何故かというと、ザリガニにさわれるザリガニ釣りを思う存分楽しめるからです(笑)。

子ども達はザリガニやカメが大好きです。

初めて触る、というお子さんも少なくはなかったのではないでしょうか。


これらの生き物たちは前々から多田神社前からかき集めたものです。


残念なことに、ニホンザリガニは猪名川では一匹もいないと言われています。

つまり、絶滅してしまったのです。


今やニホンザリガニは東北や北海道でしか生息しておらず、

絶滅危惧種となってしまいました。


あちこちでアメリカザリガニやアカミミガメがたくさんいることを、

果たして喜んでいいものでしょうか。



本ブースにてお話させていただきました。

奥に水槽展示、手前にザリガニ釣りコーナー

ザリガニをじっくり観察できるように水槽で見れるようにもしましたが、

手に取ることのできる釣りコーナーで見るほうがよかったみたい(笑)



ザリガニ釣りの竿を割り箸でつくる


水槽の生物の説明を聞く子どもたち

アレチウリ駆除に協力を呼びかけるパネル展示もしました


ザリガニ釣りをする子どもたちにインタビュー
 

だんだんザリガニも疲れてきました

餌に食いつかない...


アカミミガメを横から見たことありますか?

縁日で売られていた可愛い亀さん、

いわゆるミドリガメがアカミミガメのことです。


ちなみにこの子はオス、前脚の爪が非常に長いです。


可愛らしく、しかもお手頃な値段で買えてしまうアカミミガメ。

多くの人が知識もなく安易に購入し、

驚く成長速度に対応できず、

狭い飼育スペースでかわいそうだから、という言い訳のもと放してしまうわけです。





「 猪名川流域図の中の自分の家を見つけよう!」 と床にプリントされた大きな衛星写真が置かれていました。

上を歩いて自分の家を見つけることができるかな?

写真は会場入り口より。


 

外来種問題は私たちの私生活と密接に絡み合っています。


最近話題となった外来種と言えばヒアリ。

人に影響があるから対策しようとするのは当然ですが、

人に直接影響がない外来種については...。




自然と共生している私たち人間が考えなければならないことはたくさんあります。

その1つにこの外来種問題があるのではないでしょうか。